骨盤底筋群

<骨盤底筋群とは>

骨盤底筋群は、骨盤の最底部にあって内臓を下から支えている筋肉の総称です(深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙 筋、尾骨筋)。尿漏れに関係する尿道括約筋もこの骨盤底筋群に含まれています。あまり意識しにくい自覚しにくい筋肉ですが、排泄・生殖・出産・内臓維持・呼吸・姿勢などに関わっている多くの機能があることがわかっています。

◎骨盤底筋群が衰える原因として挙げれることは

  • 出産
  • 加齢
  • デスクワーク
  • 運動不足
  • 体の癖

 

◎骨盤底筋群がうまく働いていないと、また硬くなっているとこんな症状を感じます

  • 尿漏れ
  • 運動パフォーマンス低下
  • 姿勢の崩れ(ボディラインの崩れ)
  • 骨盤の歪み
  • ボッコリお腹
  • 冷え
  • 呼吸が浅くなる
  • 肩こり・腰痛
  • 足が上がらずつまずく

大きな筋肉を強化するトレーニングももちろん必要ですが、筋肉を増すだけのトレーニングだけでなく、体幹の深層筋も柔軟にし体軸を作り上げることでしなやかな身体作りをすることが重要です。さらにその深層筋を鍛えることで、通常のトレーニングを行う際にコア意識を高める効果・バランスを助ける効果・呼吸を深め効果を促進する効果などを発揮します。そしてスタイルアップ・シェイプアップへとつながります。最近では男女ともに20代、30代から頻尿や尿漏れでお困りの方もいらっしゃいます。それは現代のデスクワークや飲酒や運動不足なども原因の一つ。その状態を放っておく方が後々のトラブルにも繋がりライフスタイルにも関係してきます。骨盤底筋群をトレーニングすることで排泄・内臓維持・呼吸・姿勢などの日常がとても楽に快適になります。

 

<骨盤とは>

骨盤は大きく3つのパーツからなる体の中心を支える大切な部位です。さらに名称からも明らかですが「腰」は体の「要」であります。

骨盤はボディラインを左右する大切な部位とともに女性にとっては毎月の月経・妊娠・出産・産後、と様々に変化します。男性にとってみても、上半身と下半身をつなぐ、身体の中で一番大きく重要な関節です。この骨盤を支えているのが、上記でもお話ししました、骨盤底筋群と、大腰筋と腸骨筋の働きです。これらも深層筋です。良い状態というのは、「締まりたい時に締まり、緩めたい時に緩まる。しなやかな骨盤」です。

◎骨盤の歪みや緩みは、日々の生活スタイルによって引き起こされます。例えば・・・

  • 体の癖
  • 怪我
  • 思考
  • 心の状態
  • 性生活
  • 食生活
  • 筋力の低下
  • 運動不足
  • 寝方

などが挙げられます。これらに心当たり、また治したいなと思っていた内容はありますでしょうか?もうすでに気づいていることがあればそれはとても早い改善となるでしょう。また気づいていない方も自分自身の身体と向き合うことによって改善点に気付けてくるでしょう。さらに骨盤の歪みによって引き起こされる影響も挙げられます。

◎骨盤の歪みが引き起こす影響としては・・・

  • エネルギーの滞り
  • 内臓や筋肉に負担がかかる
  • 下半身太り
  • 腰痛
  • 冷え
  • 便秘
  • 生理痛・生理不順
  • 猫背
  • 内分泌系神経系の働きに影響を及ぼす
  • ホルモンバランスの乱れ

 

「締まりたい時に締まり、緩めたい時に緩まる。しなやかな骨盤」へ近づけていくために、瞑想・アーサナ(ポーズ)・アーユルヴェーダトリートメントによりアプローチしていきます。

 


女性と骨盤底筋群

スポーツと骨盤底筋群

→日常と骨盤底筋群

 

ヨガについて

グループヨガについて

パーソナルヨガについて

 

PAGE TOP