yoga

ヨガについて

ヨガの歴史は紀元前2500年頃、今から約4500年前にインド地方で生まれたインダス文明であると言われています。ヨガという言葉が記されているのは「ウパニシャッド」という文献です。紀元前1000年頃とても長い歴史の中でその数200以上のウパニシャッドが書かれています。ヨガについては中期ウパニシャッドにある、カタ・ウパニシャッドに出てきていることから紀元前300〜350年頃には確立され認知されていたのではないかと言われています。

2〜4世紀頃> ヨガスートラの編纂・完成。インドの哲学者パタンジャリによってヨガスートラが編纂され、ヨガを体系的にまとめたものとなりました。ヨガスートラは、八支則という段階とともに瞑想を中心とした真我を見つめ悟りを開くためヨガの根本教典として最古の文献です。なおここでは、瞑想と坐法を中心とした静的なヨガ。

12〜13世紀頃> 動的なヨガ誕生。静的なヨガからアーサナ(ポーズ)・呼吸法(プラーナヤーマ)で構成された動的なハタ・ヨガが生まれました。現在世界中で広がっているヨガの原型となっているものです。


アーサナ(ポーズ)について

上記からわかるようにヨガはただの運動だけでなく、心身の調整もできる手段です。健康な心身を作りより楽しい日常にしましょう!  「快適」「安定」というのはヨガスートラに記されているアーサナ(ポーズ)の定義です。 さて、どうでしょうか?日頃の練習を思い返してみましょう。 日頃の練習で「快適なアーサナ(ポーズ)が取れているか?」「安定感のある呼吸・アーサナ(ポーズ)・思考で練習できているか?」これがまた難しのですが、この「快適」「安定」の定義の元にヨガのアーサナ(ポーズ)が成り立ちます。では、日頃の練習中を思い返してみましょう!

***

ヨガ中のチェック!

  • 呼吸が止まらないでスムーズに流れているか?
  • 歯を食いしばっていないか?
  • 苦しい・辛い?
  • 無理してない?
  • 痛くない?

↑これらが当てはまるようであれば、練習中にちょっとだけ気をつけてみましょう。いくら手を床までつけたくても体が快適・安定していなければ、少し戻り「快適」「安定」したところで行いましょう。続けていくうちに筋力が養われ柔軟性も向上し心地よい練習ができるようになります。

***


 

呼吸について

ヨガでは呼吸でエネルギーの出し入れをしていると考えています。言ってみれば体は入れ物です。限られている1回の呼吸の中でその入れ物の中にどれだけ多くの質の良いエネルギーを取り入れるか。その深い呼吸は全身へ気を届けていく行為です。 ですが、ストレスや緊張などで呼吸は浅くなりエネルギーの循環がうまくいかなくなってしまいますと、情報量や考えることが多い現代にとっては特に気は頭へと登りっぱなしになります。そのエネルギーを腹へ落とすことこそが、「腹式呼吸」「完全呼吸」「丹田呼吸」と言えると思います。これらを使って理想的な深い呼吸へ近づけていきましょう。

日頃のクラスでも呼吸を取り入れる時間を必ず作っていますが、呼吸を中心としたクラスは、new moon ヨガで行っています。

 

 

PAGE TOP